自分の体質見る②~心・脾(胃)~

中医学

こんにちは、うきえです。

 

さて、前回の【自分の体質を見る①】の続きです!

 

全てあてあまらなくても

自分はこの症状が多いな、よく見られるな

っていうような感じでチェックしてみてくださいね。

 

日によって症状は変わったりします。

自分はいまどこに傾いてるか

弱っているか参考にしてみてください。^^

 

心タイプ

顔症状チェック

●顔全体が赤い

●顔がむくむ

●下の先端が赤い、または全体的、部分的に紫色

●舌裏の静脈が怒張している

 

自覚症状チェック

●動機や息切れを感じることが多い

●心臓部や胸の中央、のどから下あごあたりに

締め付けられるような痛みを感じる

●寝つきが悪い

●物忘れが多い

●ロレツが回らなくなることがある

●少しの運動で汗をかく

●手足がむくむ

●左側の肩甲骨、首、肩こりや痛みを感じる

 

症状別おススメ食材

【動悸・めまい・不眠・顔色が白い】

→心の血液が不足している

桃・うなぎ・あなご・いか・豚肉

レバー・卵類・青み魚・クコの実・ベリー類など

 

【イライラ・寝汗・手足のほてり・多夢】

→心の熱を下げる血液が不足している

ゆり根・小麦・クコの実・はちみつ

黒豆・貝類・うずらの卵・緑茶 など

 

【動悸・息切れ・汗かき・精神疲労】

→心の気が不足している

なつめ・小麦・きのこ類・朝鮮人参

豆類・栗・連の実・甘酒・紅茶、卵

青み魚、大和芋 など

 

【動悸・息切れ・寒がり・顔がどす黒い・むくみ】

→心の熱が不足している

シナモン・ニラ・えび・ムール貝

羊肉・くるみ など

 

心は血を全身にめぐらせる機能です。

思考や意識判断などの精神的な働きも

コントロールしています。

そして舌と顔に症状がでてくる場合が多いです。

 

 

 

脾(胃)タイプ

顔症状チェック

●顔が黄色い

●肌が弱い、敏感肌

●薄めを開けて寝るときがある

●顔や体のむくみ

●顔のたるみ、毛穴の開きが気になる

●口が臭い

●口の中が渇きやすい

●歯茎の腫れ、出血

●唾液が多い

●舌が白い、または赤い

●舌苔が白く厚い

 

自覚症状チェック

●食欲がない

●食欲が異常亢進しやすい

●胃が痛い、胃がむかむかする

●お腹がグルグル鳴る、下痢しやすい

●アザができやすい

●月経が長引く

●筋肉が弱い

●痩せすぎが水太り傾向にある

●冷え性である

●立ち眩み、疲れやすいなど貧血気味

 

症状別おススメ食材

【食欲不振・お腹の張り・軟便・便秘・倦怠感】

→脾の気が不足している

朝鮮人参・きのこ類・豆類・やまいも・栗

ぎんなん・もち米・なつめ・発酵食品・白身魚 など

 

【よだれが多い・不消化下痢・腹水・尿量減少】

→脾を温める機能が低下している

胡椒・生姜・ねぎ・らっきょう・よもぎ

シナモン・きのこ類・豆類・栗・イモ類

白身魚・あずき など

 

【内臓下垂・下痢・体が重だるい・筋肉の弛み】

→脾の気不足+内臓下垂

朝鮮人参・山薬・黄耆・きのこ類

豆類・やまいも・栗・蓮の実・なつめ

発酵食品・白身魚 など

 

【水様便・腹痛・食欲不振・腹満感・胃腸炎】

→脾を温める気が不足している

よもぎ・生姜・ねぎ・らっきょう

にんにく・ピーマン・紫蘇・にら

唐辛子・胡椒・シナモン・バジル

あなご・紅茶 など

 

【食欲不振・吐き気・下痢・嘔吐】

→脾の水分代謝が低下している

はと麦・しいたけ・マッシュルーム・しめじ

アスパラガス・きゅうり・菜の花

春雨・もやし・緑豆・しじみ・あさり

味噌・白身魚 など

 

脾は消化吸収、栄養物と水分の輸送コントロールをし

栄養物質を上にいかせ、頭と顔面に栄養を与えたり

筋肉や下垂をコントロールしています。

それと血液の漏れを防ぐ機能もあります。

なので、なかなか血が止まらない人や

すぐアザができてしまう人、内出血しやす人は

脾が弱いタイプの人によく見られます。

 

以上、今回は心と脾(胃)についてでした!

あてはまった症状への養生食も参考に

取り入れてみて下さいね。