体の構造から見る肉を食べて炭水化物を抜くダイエットが痩せる理由!注意点!

ダイエット

みなさん、こんにちは!

美容について日々探求中のうきえです^^

 

今日は

低炭水化物ダイエッ肉食ダイエット

について書いていきます。

 

出典https://www.pexels.com

まー確かに炭水化物を減らせば

摂取カロリーは減るし体重は落ちるだろう

なんて考えていたりしたんですが

結局、根本的なぜなのか

理由がわからなかったんです。

 

出典https://www.pexels.com

 

肉食ダイエットでもそうです。

肉なんてカロリー高いし

消化が良いものでもないのにな~

なのに肉を食べて体重が減るのも

なんだかよく理解できないな~

なんて考えていたんですね。

 

しかし!

身体の構造を知ると

なぜそういわれるのかが

少し理解できました。

人間の体の構造

人間の身体を構成している成分って

水分・・・・約60%~70%

タンパク質・約20%

炭水化物・・約0.5%

なんですね。

 

この数字を見てもらうとわかるように

炭水化物って人間の身体を作るうえで

0.5%しか必要ないんですよ!

 

それよりもタンパク質の方が身体を作るうえで

かなり必要な成分なんです。

タンパク質で作られる身体

ではタンパク質で作られているとこって?っていうと、

ほぼ!です。

筋肉・内臓・血・爪・髪・皮膚・骨

これらはタンパク質が無ければ

形成されないんですね。

 

と、なると身体を作り、維持をするのに

タンパク質って必要不可欠なんですね。

 

じゃあ炭水化物は必要ないのか!?

と言われれば、そうではないんです。

 

0.5%とあるように0.5%は必要なんです!!

 

私なりの解釈ですが

タンパク質だけを摂取したところで

その摂取した栄養を身体に巡らせるための

エネルギーが炭水化物なのではないかと思うんです。

 

車で例えるならば

ガソリンが満タンでもエンジンがかからなければ

車は動きませんよね?

 

それと同じで栄養を蓄えたところで

その栄養を動かす力がなければ意味がないということです。

 

その動かす力というのが

炭水化物の0.5%なんじゃないかな

と思うんです。

 

となると、炭水化物ってそんなに多くは必要ないんだ

ということで低炭水化物ダイエットっというのが理解でき

肉食ダイエットっというのも納得できるようになったんですね。

 

身体を作るうえでタンパク質の方が

炭水化物よりも必要な材料だということです。

 

だからと言って先ほども言ったように

炭水化物を全く食べないのも

良くないということです!

 

それはタンパク質でもそうです。

身体を構成しているとはいえ

必要とする量以上摂取すると、

ただの無駄な栄養分となり脂肪となりますからね。

 

すべてバランスです。

何かヒントになるようなことがあれば幸いです。^^